PRECAUTIONS ご使用上の注意

鋳鉄製品には他の材質にない特性があります。

鉄鋳物は新しいものを使いはじめるときから、日常の手入れ方法や保管に幾つかの留意点があります。
特性を正しく理解していただき、鋳鉄鍋がもたらす長所を引き出し長くご愛用ください。

※こちらの使用上の注意は鋳物ホーロー製品を除く鋳鉄製品が対象です。
鋳物ホーロー製品に関しては下部の「鋳物ホーロー製品の使い方について」をご参照くださいませ。

■はじめて使うとき

ロッジロジック製品はシーズニング(慣らし)済です。温水でたわしなどを使い軽く洗っていただけましたら、すぐにご使用いただけます。

■ご使用後のお手入れ

温水で金属以外のたわしなどを使い、汚れを落とします。水気を拭きとり、加熱して水分を完全に蒸発させて食油を薄くひき、充分に冷ましてから保管してください。なるべく洗剤は使わずに洗ってください。 焦げや匂いが気になる場合は重曹の使用をおすすめします。

詳しくはこちら

■長期間の保管

お手入れした製品を新聞紙などに包み乾燥した場所にしまいます。梅雨時や湿度の高い時期はサビやすくなるのでご注意ください。長期間保管後にご使用になる場合は表面の油を温水で流してからご使用ください。

■その他の注意点

  • IH調理器にお使いいただけます。ただし底面などの形状やIH調理器具によりご使用いただけない商品もございますのでお使いのIH調理器をご確認ください。
  • 鋳鉄製品は熱すると持ち手まで全体が熱くなりますので、必ず鍋つかみなどをご使用ください。鋳鉄は冷めにくい性質があるため、調理後もご注意ください。また、鍋をテーブルの上に落としたり引きずったりしないでください。テーブルなどを傷つける場合がございます。
  • 鉄鍋は重量物です。持ち運びには十分ご注意ください。
  • 熱せられた鋳鉄製品を水で急に冷やしたり、落とすと割れる危険があります。急激な衝撃を与えないでください。
  • 水分が残るとサビる場合があります。お手入れの際は空焚きして水分を残さないでください。もしサビてしまった場合は、たわしなどでサビを落としてください。そのあとは通常のお手入れをしてください。
  • 料理を鍋に入れたまま冷たくなるまで放置すると解け出した鉄分と食材が反応し料理が黒く変色する場合があります。ただし食べても体への影響はありません。タンニンやフラボノイド系の色素が多く含まれる食品が特に反応しやすくなります。
  • 鉄の匂いが気になる場合はネギやセロリなど香りの強い野菜を炒めると軽減します。

商品には万全を期して製造・出荷しておりますがご購入いただきましたら、
万が一に備え、下記の内容をご確認ください。

  • お求めいただいてお使いにならないまま数年経過した際の品質へのお問合せにはお応えできない場合もございます。お求め頂きましたらただちに商品の確認をお願いいたします。
  • 万が一、不足品があった場合には、お買い求めの販売店にお問合せください。WEB上でお求めの場合は、お求めの販売ページにお問合せください。販売店を通じ不足品の補充・破損品の交換を承ります。
  • 不足・あるいは破損した部品をほかのもので代用するのは絶対におやめください。事故につながる恐れもあり危険です。
  • 開封直後で未使用にもかかわらず、赤茶色のサビが明らかな場合は使用せずにお問合せください。

【サビについて】

LODGE は鉄鋳物製品です。経年変化やその他の要因により、サビを招く場合もありますが、製品自体の機能を著しく損なうものではなく、適切な方法でサビを取り去り、また防ぐことができます。よって鉄鋳物製品の使用中のサビは、鉄の素材特性であり故障の範疇には含みません。

【鋳鉄製品について】

鋳鉄製品の製造過程において「微小孔」・「油玉」ができますが、これらは製品の欠陥ではありません。

「微小孔」
型に溶かした鉄を流しこむ際、空気を含みできる気泡です。ご使用上の支障はございません。その微小孔があることで、蓄熱性とゆっくりと食材に熱を通すことができます。
「油玉」
本来初めて使う時、表面の微小孔を食油で埋める「シーズニング(慣らし)」が必要となります。LODGE製品は、手間のかかるシーズニングを工場で行ないます。食油を吹きつけ、高温のオーブンで焼きつける作業の際、多めに食油がついたり、それが剥がれる場合がございますが、ご使用上の支障はございません。

工場出荷前に必ず検査を実施していますが、気になる点があればお問合せください。

お問い合わせはこちら

鋳物ホーロー製品の使い方について

※こちらの使用上の注意は鋳物ホーロー製品のみが対象です。
鋳物ホーロー製品以外の鋳鉄製品に関しては上の「ご使用上の注意」をご参照くださいませ。

■熱源に関して

直火、IHクッキングヒーター、ハロゲンヒーターはもちろん、オーブンにもご使用になれます。電子レンジではご使用できません。

■IHクッキングヒーターを使う際の注意事項

IHクッキングヒーターは高性能のものも多く、ガスに比べると熱量が大きい場合が多々あります。基本的には、「鍋が温まるまでは中火で、それ以降は弱火で調理」に変わりはありませんが、中火は800W以下をお守りください。また、急速に加熱され高温になりやすいIHクッキングヒーターは、食材を入れるまでの時間が長いと空焚き状態になったり、焦げ付きを起こす場合があります。点火時には弱火(全目盛が8の場合は2〜3くらい)で始めて、様子を見ながら火加減を調節してください。 適応サイズにつきましては、ご使用の機種により異なりますので、メーカーへお問い合わせください。

■ストーブ(薪、石油)、囲炉裏焚き火などでの使用

ストーブや囲炉裏、焚き火など炎が安定しない熱源や、調整ができない熱源でのご使用はホーローを傷める原因となりますので、ご使用はお避けください。 また、直接炭をのせるダッチオーブンとしてのご使用はホーローを傷めてしまうので避けてください。

■その他の注意点

  • 調理器具はシリコン製やウッド製等のものをお使いいただき、強火での使用、急激な温度変化、空焚きにもご注意ください。また、汚れや焦げが付いたまま使用するとホーローを傷める原因になりますので、早めに洗浄いただくことでお鍋をきれいに保つことができます。
  • 食器洗浄機の使用は可能ですが、以下の2点にご注意ください。
    • 食器洗浄機には、鍋単独で入れてください。他の食器などに触れて、キズが付く場合があります。
    • 食器洗浄機の洗剤は、研磨剤や漂白剤が入っていないものを使用してください。
    汚れが落ちやすいのがホーローの特性でもありますので、中性洗剤を含ませたスポンジでの手洗いをお勧めいたします。
  • 洗浄後、乾燥のために鍋を火にかけるのは空焚き状態になり、ホーロー面の破損につながりますので、絶対にしないでください。食材が中に入っていない状態の鍋は、入っている時に比べて急激に温度が上昇するため、ホーローの破損によりケガをする恐れもあり危険です。
  • 漂白剤の使用は、ホーローの表面の光沢を失わせる原因となります。また、金属(鉄)部分に塩素系の漂白剤が付着しますと、酸化してサビの原因にもなります。汚れの洗浄には重曹にて洗浄ください。

工場出荷前に必ず検査を実施していますが、気になる点があればお問合せください。

お問い合わせはこちら